金融機関コード 2092
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
アーカイブ
  • 2015
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2013
  • 2013
  • 2013
  • 2013
インターネットバンキング
店舗 ATM
webで簡単ローンお申込み

お知らせ

しんくみの日週間!様々なイベントを開催しました!

2015年9月18日
 全国の信用組合では毎年9月3日を「しんくみの日」、9月1日~7日を「しんくみの日週間」と定めて、様々な社会貢献活動やイベントを行っております。当組合でもお客様へ日頃の感謝を込めて、下記の通りイベントを開催しました。
◆営業店での展示会◆
全営業店16店舗ロビーにて写真展、絵画展、工芸品展、書道展などの催し物を行いました。それぞれ趣向を凝らした展示品に、お客様も見入っていました。

好間支店展示物 “つるし雛飾り”

江名支店展示物 “折り紙作品”

本庁前支店展示物 “書道作品”

玉川支店展示物 “手作り工芸品”

塩屋崎支店展示物 “塩屋崎灯台の思い出”

勿来支店展示物 “写真・絵画展示会”

平支店展示物 “粘土細工手芸展”

内郷支店展示物 “パッチワーク手芸展”



◆ゆるキャラを広報部長に任命!◆
昨年はいわき商工会議所青年部のゆるキャラ”たいらもん”による営業活動を行いましたが、今年から小名浜地区商店連合会のゆるキャラ”メッピー”が加わりました。8月31日には、両キャラクターを「いわしん広報部長」に任命し、当組合本部にて任命式を行いました。9月1日より各営業店にてお客様をお出迎えし、来店されたお客様からは「かわいいですね~!」と声をかけていただき、一緒に記念撮影をされるなど、大変ご好評をいただきました。

広報部長に任命! メッピー(左)たいらもん(右)

本部・本店営業部職員と…

玉川支店にて

勿来支店にて

江名支店にて

本庁前支店にて

平支店にて



◆磐崎軟式野球スポーツ少年団へ軟式球の贈呈◆
星常務、当組合野球部部長 矢吹支店長(玉川支店)、野球部監督 熊谷次長(平支店)が磐崎小学校に赴き、磐崎軟式野球スポーツ少年団へ軟式球の贈呈式を行いました。受け取った子ども達は満面の笑みで、これからの頑張りを誓っていました。

磐崎軟式野球スポーツ少年団への贈呈式

磐崎軟式野球スポーツ少年団への贈呈式



◆お客様感謝デー◆
9月3日(木)は“お客様感謝デー”として、来店されたお客様に日頃の感謝を込めて粗品をプレゼントしました。

来店されたお客様へプレゼント



◆献血運動◆
献血サポータの一員として献血活動の普及・拡大に協力するべく、当組合は献血運動を「しんくみの日週間」の基幹活動のひとつと位置づけしております。全職員に献血の協力を呼びかけ、本店駐車場はじめとした市内各地で、多くの役職員が献血に参加しました。

献血活動の様子

献血活動の様子



◆勿来海岸清掃◆
9月5日(土)には勿来海岸にて清掃活動を行いました。天候が心配されましたが、幸いな事に雨にも振られることもなく、162名もの役職員でボランティア活動を行いました。海水浴シーズンも終わり、観光客も落ち着きを見せた中での作業でしたが、思いのほかゴミが多く、2時間もかけての清掃活動となりました。

勿来海岸清掃活動の様子

勿来海岸清掃活動の様子

勿来海岸清掃活動の様子

勿来海岸清掃活動の様子

勿来海岸清掃活動の様子



◆いわしん絆寄席◆
しんくみの日週間最後のイベントとして、9月8日(火)にいわき市文化センターで毎年好評の「いわしん絆寄席」を開催しました。いわきの皆さんに“笑い”で元気になってもらおうと、震災の翌年から始まった「いわしん絆寄席」も、今年で4回目となりました。この日は三遊亭鳳楽師匠と弟子の鳳笑さん、三味線漫談家の三遊亭小円歌さんに、人情噺の「抜け雀」などを披露していただきました。満席となった客席からは大きな笑い声や拍手が飛び交い、大いに盛り上がっていました。公演の最後には師匠たちのサイン入り色紙などが当たる抽選会を行い、終演まで常に笑いの絶えない公演で、来場されたお客様から大変ご好評いただきました。

第4回いわしん絆寄席 開場

満員の観客席

寄席の様子

寄席の様子

寄席の様子

抽選会の様子



◆しんくみピーターパンカード寄付金の寄贈◆
当組合で取扱っている社会貢献型クレジットカード「しんくみピーターパンカード」の寄付金を市内の児童施設に寄付する予定となっております。「しんくみピーターパンカード」は難病や障害と闘っている子どもたちへの支援活動やその家族への支援活動、子どもたちへの健全育成活動に役立てられます。未来ある子どもたちの為に、これからも「しんくみピーターパンカード」を宜しくお願い致します。
私達“いわしん”はこれからもこうした取り組みを続け、お客様に日頃の感謝をするとともに、社会への貢献活動を行ってまいります。