「うるしの実クラブ」15周年 文化講演会・
 ビジネスマッチング交流会 開催

business matching

2014.3.4 小名浜 カルチェ ド シャン・ブリアン

「うるしの実クラブ」結成15周年を迎えた今回の講演会は、多数の歴史小説、エッセイを執筆し、歴史と経営をテーマにした講演に定評のある作家の童門冬二氏を講師にお招きし、当クラブの名称(「うるしの実」)の由来となった米沢藩9代藩主 上杉鷹山にスポットをあて『上杉鷹山に学ぶ』と題して講演いただきました。財政破綻寸前の米沢藩で、次々と改革を実践し藩財政を再建した鷹山について、代表作でもある「小説 上杉鷹山」のほか、「上杉鷹山の経営学」を執筆している経験から、鷹山の功績を経営的視点で紹介。時折、落語調の小気味良いテンポでお話しされ、お集まりいただいた190名の聴講者も熱心に聞き入っていました。



また、2部のビジネスマッチング交流会は、「1つのテーマのもと参加会員同士が意見を交わすことにより、新しい発見や気づき・考え方を学んでいただき、それを自社の経営にお役立て頂くと共に、会員同士のさらなる結束を固め、今後のビジネス拡大に繋げる」ことを目的に、これまでとは趣を変え、グループディスカッション形式により行われ、40名の会員の方々ならびに20名の役職員が参加しました。 グループディスカッションは先ず、各テーブル(8つのテーブル)においてそれぞれの参加者が自己紹介を行った後、各営業店長の進行のもと、各テーブルごとに3つのテーマから1つのテーマを選択し討論を行うという流れで進められ、会員の方々それぞれの経営に対する悩みや課題等を中心に活発な意見交換がなされました。最後に、各テーブルの代表者が討論をまとめた発表を行いました。「うるしの実クラブに期待すること」についても、起業チャンスを今まで以上に創出してほしい、クラブ主催の“婚活パーティー”開催を検討してはどうかなど、いくつかの具体的な提案がなされ、大変有意義な活発な交流会となりました。
(選択テーマ)
①今時の人の使い方
②震災後3年、今のいわきに足りないもの
③童門冬二氏の講演を聴いて今後の経営に活かすこと
(共通テーマ)
うるしの実クラブに期待すること





お金を貯める お金を増やす お金を借りる